札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を主宰する長野妙子です。
暫らくご無沙汰しておりました。

 

ブログ上に枠線をつけるにはどうしたらいいか?かなりウロウロしておりました。

 

何とか自分でできない物かと、背中がバンバンになる位パソコン上をウロウロしておりましたが
結局ダメでプロの方にお願いしました。

 

やっぱり餅は餅屋ですね!(^^)!

 

今日はお教室でした。

 

上級コース・ヴィェノワ、ソシソンクープが特徴です。

 

上級クラスになると全てにおいてお任せすことが多くなります。

 

その一つに生地の捏ね具合があります。

 

使用する粉と、作るパンによってかなり捏ね具合が違いますがまず間違いなく
1発で見極めができるようになります。

 

パン生地を自由に扱えるようになります。

 

余りにも綺麗に仕上がったので愛おしそうにパンを眺められてる姿を見て思わずシャッターを切りました。

ソシソンクープは本数が多いので均等に切ることは中々大変です。

 

でも、ちょっとしたコツを、お話ししたらこんなに見事にできました。

 

こんなにきれいにクープが入ると言う事はきっとバゲットレッスンも綺麗にクープが入ると思います。

 

彼女の感想です。

 

上級コースになって、教わる内容も高度になり肩に力の入ることもありますが
いつも先生が丁寧に説明してくださるので、楽しくレッスンを受けることが出来ています。

 

今回は、生地をきちんと張らせる成型とクープの入れ方をポイントに、しっかりと練習させていただきました。

 

以前から苦手意識のあるクープ入れでしたが、今回キレイに仕上がったことで一気に楽しくなりました。

 

自分が捏ねから作ったパンが綺麗に焼き上がると本当に嬉しくなりますが、先生がいつもそれ以上に喜んでくださりなんとも微笑ましい楽しい空気が流れます。

 

もちろん時には失敗してしまうこともありますが、そんな時は落ち込むよりも不思議と

 

「よし!家に帰ってもう1回チャレンジだ!」

 

というやる気が湧き上がってきます。

 

それは先生が一緒になってなぜ失敗したのかを考えてくださって、じゃあ次はどうしたらいいのかをアドバイスくださるからだと思います。

 

最近は、手で触ることで生地がいい感じなのかそうでないのかが少し分かるようになって来ました。

 

レシピ通りのことだけではなく、そういう「感触」「感覚」も教えてもらえるのは、生きている生地を扱うパン作りにおいて、本当に貴重なことだと思います。

 

ありがとうございました。

 

Nさんの感想にもありましたが、手で触って違いが感じられたらかなりの上達と思って
下さっていいです。

 

彼女は某大手パン教室のライセンス試験を数日後に控えてお友たちとうちのパン教室にお出で下さいました。

 

試験を受けて自分の実力を試してみたい思いがあるんですが、その後の大手パン教室のシステムに疑問を感じてということでした。

 

取りあえず体験の丸パンを作って頂いて私の指導方法を見て頂き、今があります。

 

もうお一人は中級のコルネです。

 

コル名は均等にパン生地を伸ばすことが大切です。

 

2枚の写真を見比べてみてください。

同じ紐でありながら随分と違った雰囲気ですね。

 

上の写真は手の平で伸ばしました。

 

下の写真は指で伸ばしました。

 

手の平でやるか、指でやるかでこんなに差が出ます。

 

作った方の感想です。

発酵がうまくいかず焦ってきたころ先生がお砂糖が16%も入ってるから発酵は遅くて大丈夫って言っ下さったので安心しました。帰宅してから、そういう事ねー、理屈がわかっていれば慌てることはないんだねと気づきました。

 

振り返ると某大手パン教室のレシピには全て%が書かれておりました。
ただそれが何を意味するのか私自身深く掘り下げることもなく漠然と終了してしました。

 

時間内に何かと見栄えのいいパンを作るのに必死だったような気がします。

 

又伸ばしは超不得意とするところですが均一にならないのは指が当たってることを教えて頂き理解できました。

 

不揃いなコルネになりましたが、夫が大丈夫と言ってくれたので良しとします

 

好いんです。誰が何と言おうと夫が【良いよ。大丈夫だよ】って言ってくれればそれだけで妻は幸せなんです。

 

なんて素敵なご主人でしょう!

 

彼女も某大手パン教室出身者です。予期せぬ同窓会になりました。

 

ただ今私と一緒にパン作りを楽しみたい方の募集が始まりました。

 

初級コースの詳しいことは→こちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レッスン受講生随時受付中!

レッスンについてのお問い合わせはメールフォームまたは
0133-26-4020 までお気軽にどうぞ。

料理教室検索クスパでレッスン予約受付中!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇