タイマーに頼らない生地作りをしませんか?

 

パン教室の必需品の中にはタイマーがありますが、長野パン教室ではレッスン中に

 

タイマーを使う事はありません。

 

以前はタイマーを使ってました。

 

しかし皆さんの様子を見ていると、驚かれるかと思いますが、タイマーが鳴るともうこれ

 

で出来上がりと思ってそれ以上

 

の生地の確認をしなくなる方が大半でした。

 

タイマーが鳴ると、それでこの工程の一部は終わり!と思ってしまうんですね。

 

時間でパン生地を作るのではなく生地の状態を見ながらパン生地を作っていくことが大切です。

 

タイマーはあくまで便宜的に使うようにすることをお勧めします。

 

(捏ね・・15分)とレシピに書かれていても、機械での場合・手ごねの場合・体温の高

 

い人・低い人と様々ですのでまったくちがった捏ねあがりになります。

 

15分タイマーをかけたからこれで良し

 

と思ってしまうとなんか固いな・なんか美味しくないな・レシピ通りにならないな・

 

フワフワにならないな

 

何てこと経験ありませんか?

 

捏ねがOK!  だったらフワフワパンに

 

まだだったら、固くはないけどパン屋さんのようなパンにならない。

 

なぜ?

 

まだ捏ねて下さい・・と言う事です。

 

タイマーに頼らない生地作りを心かけると断然見た目も・味も変わりってきますョ。

 

パン教室では生地の見極めができるように捏ね揚げは私と一緒に確認します。

 

今日いらして下さった方は初級コースの5回目の方です。

 

タイマーを使わない事にも慣れてとてもいいパンを作られました。

 

こういうお顏を見ると一日テンション高い私です^^

始めと・終わりの時に時計を見て時間を確認して記録してみてください。

 

そうすることによって、「レシピに書かれている時間どうりにならなかった」と言う不安

 

もなくなりますし、自分のレシピ作りにとても役立ちます。

 

あくまでも、時間ではなく生地の状態を確認する癖をつけて下さいね。

勿論フワフワです。

「先生、このパンどうやって食べたらいいですか?」

「サンドイッチがおいしいと思いますよ~」

「え?これブリオッシュ生地ですよね?」

「ブリオッシュサンド、フランスでは当たり前の食べ方みたい。実際にやってみたら本当

に食べやすくおいしかったですよ」

「これだけ綺麗に作っても、一瞬で無くなるの」

「お母さん冥利に尽きますよね!」

今日も素敵な笑顔をありがとうございました・

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レッスン受講生随時受付中!

レッスンについてのお問い合わせはメールフォームまたは
0133-26-4020 までお気軽にどうぞ。

料理教室検索クスパでレッスン予約受付中!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇