札幌近郊当別町パン教室:パン屋さんの本格的な技術が基礎から学べるパン教室を主宰する長野妙子です。

今日は。

テレビの天気予報通り北海道は一面真っ白で向こう側が見えません。

このお天気にお車を運転している方どうぞお気をつけください。

又年末・年始のご旅行の方楽しいご旅行でありますように。

先日1月のフリーコース、デニッシュ食パンキャンセルがありました。

寒い季節ならではのパンです。

折り込みパンの代表各のクロワッサン・デニッシュなど層をきちんと出させるのは憧れですよね?!

これは、なかなか難しいと嘆いていらっしゃる方がとても多いです。

このコツが身についたらすべてのパン作りがワンランクアップします。

そうです。層がきちんとできると言うことは麺棒使いが完成されたと言うこと

なんです。

パン生地の上で麺棒が転がりガスが抜けている事。

ただ力任せにガスを抜いては生地が傷むだけです。

麺棒を使う上でここが一番大切になりますが、なかなか言葉だけでは伝わらない

もどかしさがありますが今までとは格段の差が出るはずです。

①まずパン生地は必ず体の真下にあることです。

なぜ?

一番力が入りやすいところだからです。

②両腕が曲がってますか?

曲がっている両腕を伸ばして伸びきったところ(心の中でコロコロギュッ)一番麺棒が転がしやすく力が入ります。

ココを意識することでしっかりガスが抜けボリュームのあるパンができます。

ボリュームを出すためにガスを抜かないと言う方がいますがこれは間違いです。

お教室で【できた】・【理解できた】と言うあなたの喜びをご一緒できるのが私の

喜びです。

5月くらいまでは伸ばしを(麺棒)メインにしたフリーコースになります。

定員はいつもより少なく3名になりますが

一人ひとりの方の苦手を必ず解決へと思っております。

 

 

お申し込みお待ちしております。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レッスン受講生随時受付中!

レッスンについてのお問い合わせはメールフォームまたは
0133-26-4020 までお気軽にどうぞ。

料理教室検索クスパでレッスン予約受付中!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇